• 全国対応 国の労災保険 個人、中小事業主の特別加入 建設業専門 1分で保険料がわかる! かんたん見積もり
  • 家族以外の従業員を雇っている方 事業主の労災保険へ 家族だけを雇っている方 一人親方の労災保険へ

  • 全国対応 国の労災保険 個人、中小事業主の特別加入 建設業専門 1分で保険料がわかる! かんたん見積もり
  • 家族以外の従業員を雇っている方 事業主の労災保険へ 家族だけを雇っている方 一人親方の労災保険へ

中小事業主特別加入 今日番号が必要な社長様 スピード加入の方法とは?

労災保険に特別加入していることは、今や現場入場必須条件となっています。
この特別加入にはいくつかの種類があることをご存じでしょうか。
すぐに特別加入が必要と言っても、間違った種類の特別加入をしても意味がありません。

せっかく加入しても、現場によっては「間違っているから入り直してきて」なんて言われてしまうことも??

労災保険の特別加入とは何か、その種類とスピード加入の方法について解説していきます。

労災保険の特別加入とは

労災保険は、本来、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う国の保険制度です。
しかし、対象外とされた方々も、労働災害にあう危険性は通常の労働者と変わらず、その業務の実情、災害の発生状況などからみて労働者と同じように保護することが適当といえる方々もいます。

そこで、これらの方々も労災補償を受けることができるように、特別に労災保険の任意加入が認められています。

これが「労災保険の特別加入制度」です。

特別加入の種類は、一人親方・中小事業主・特定作業従事者・海外派遣者の4種に大別されます。
このうち、建設現場の入場のために必要とされるのは、一人親方と中小事業主の特別加入となります。

一人親方の特別加入

建設現場で必要とされる労災保険の特別加入のうち、まず一人親方の労災保険特別加入について説明します。

一人親方とは、次の1~3のいずれかに当てはまる方を言います。

  • 労働者を使用せず、会社に雇用されずに個人で仕事を請け負っている方
  • 労働者を使用していても使用期間が年間100日未満見込みの方で、請負契約で仕事をしている方
  • 同居かつ同一生計の家族のみで請負契約で仕事をしている方

一人親方というのは事業を行う手段のことですので、業種は問いません。
労働者を雇用せずにひとりで事業を行っていれば一人親方ということになります。

ただ、特別加入となると、少し話が変わってきます。

一人親方の労災保険特別加入ができるのは、以下の業種に限定されています。

  1. 自動車を使用して行う旅客または貨物の運送の事業(個人タクシー業者や個人貨物運送業者など)
  2. 土木、建築その他の工作物の建設、改造、保存、現状回復(注)、修理、変更、破壊もしくは、解体またはその準備の事業(土木、左官、とび職人など)
    (注)除染を目的として行う高圧水による工作物の洗浄や側溝にたまった堆積物の除去などの原状回復の事業を含みます。
  3. 漁船による水産動植物の採捕の事業(⑦に該当する事業を除きます)
  4. 林業の事業
  5. 医薬品の配置販売(薬事法第30条の許可を受けて行う医薬品の配置販売業)の事業
  6. 再生利用の目的となる廃棄物などの収集、運搬、選別、解体などの事業
  7. 船員法第1条に規定する船員が行う事業

中小事業主の特別加入

一人親方は労働者を雇用せず、ひとりで事業を行っている方ということを説明しました。
それに対して、中小事業主とは、労働者を雇用して事業を行う方を言います。
事業の種類や雇用する人数に以下のような制限があります。

中小事業主と認められる企業規模
業種 労働者数
金融業、保険業、不動産業、小売業 50人以下
卸売業、サービス業 100人以下
その他の事業 300人以下

建設業は、その他の事業に分類されますので、従業員300人までの会社社長、役員が中小事業主の労災保険特別加入することができます。

特別加入の方法

一人親方の場合でも中小事業主の場合でも、労災保険に特別加入するにはどうすれば良いのでしょうか。

労災保険を取り扱っているのは労働基準監督署です。
ただし、労働基準監督署に出向いても加入手続きはできません

一人親方の場合は、都道府県労働局長の承認を受けた一人親方団体に加入することによって特別加入することができます。
中小事業主の場合は、都道府県労働局長の認可を受けた労働保険事務組合に事務委託する必要があります。

一人親方? 中小事業主?

一人親方と中小事業主の違いは労働者(従業員)を雇用しているか否かです。
ただ、一口に「労働者(従業員)」と言っても、さまざまな雇用形態があります。
せっかく加入しても「この労災保険ではダメ」と言われてしまわないように、実際の相談事例をいくつかご紹介していきましょう。

事例1 従業員を雇うので一人親方労災保険から切り替えたい

Aさんは個人事業で一人親方労災保険RJCに長年加入しています。
業種は足場工事。この春から従業員を雇うため、労災保険の切り替えが必要だと考えました。
ところが、中小事業主の特別加入しようと問い合わせした際、こんなことを聞かれました。

RJC
従業員さんはご家族ですか?

そうだよ。息子。
3月に学校を卒業したから雇うことにしたんだ。
Aさん

RJC
そうなんですね。
その場合はAさんは中小事業主に切替する必要はありませんよ。
Aさんも息子さんも一人親方として労災保険に特別加入できます。

「従業員」が同居の家族のみの場合、事業主本人は一人親方、同居の家族は家族従事者として一人親方の労災保険に特別加入することができます。
同居の家族以外の従業員を雇用した場合は、中小事業主の特別加入への切替が必要です。

事例2 法人なりして従業員を雇った

Bさんはこの度、個人事業主から法人なりして株式会社を設立しました。
代表取締役はBさん、取締役にBさんの奥様。法人なりと同時に現場の作業員Cさん(他人)を雇用しました。
現場に出るのはBさん一人、これまで一人親方労災保険RJCに加入しています。もちろん従業員の労災保険も加入したいと考えています。

この場合、Bさんは中小事業主の特別加入への切替が必要です。

ただし、Cさんは特別加入することはできません

既にお話ししたように、中小事業主の労災保険特別加入は「労働者を雇用して事業を行う方」が加入できるものです。Cさんは従業員(労働者)であり事業主ではないため、特別加入はできないのです。

それでは、Cさんが現場で労災事故に遭った時には労災保険による補償は行われないのでしょうか

もちろんそんなことはありません。
従業員の労災補償は、現場労災(元請会社の労災保険)で行われます。
これは、建設業の労災保険の仕組みが次のようになっているからです。

従業員は元請けの労災保険が使える 社長は中小事業主の特別加入へ

建設業での労災保険においては、建設現場に関わる個々の下請会社を、独立した事業として取り扱いません。
現場ごとにおいて各下請会社を元請会社と一体とみなし、工事現場全体が一つの事業体として取り扱われます。

この事業体(建設現場)の労災保険加入手続きは、原則として元請会社が行う事になっており、保険料の納付の義務も現場ごとの元請会社が負う仕組みになっています。

現場全体が一つの事業体として扱われますので、現場作業にかかわる事故が起きた場合、元請会社、下請会社に使用される全ての労働者(事業主、役員、一人親方等でなく雇用契約で働く方)は、元請会社が加入する労災保険で補償されます。

かんたんチェック! 一人親方or中小事業主

切替を急ぎたい! スピード加入するには?

中小事業主の労災保険特別加入をするには、都道府県労働局長の認可を受けた労働保険事務組合に事務委託をする必要があります。

「都道府県労働局長」「認可」「事務委託」と聞いて、「難しそう……」と不安になっていませんか?
言葉は難しいですが、加入方法は簡単です。WEBで「かんたん申込み」フォームから申し込むだけ! もちろん、事前に費用の見積もりもできます。

実は、労働保険事務組合は「一見さんお断り」「事務委託手数料等が不明瞭」な組合が大多数を占めます。ホームページを見ても加入方法や費用がわからなかったり、そもそもホームページ自体がなかったり。

WEBで簡単に手続きができるから、RJCはスピード加入が可能です。
「かんたん申込み」フォームから申し込んでクレジット払いを選択すると、最短当日にデジタル会員証を発行しています。

RJCは一人親方、中小事業主のどちらの特別加入も取り扱っていますので切替がとてもスムーズ。どっちに入ればいいの? とわからなくなった時も安心して相談できます。

totop